差し押さえ

差し押さえを回避する方法《知っておくべき大事なポイント》

借金の返済を促すための取立て連絡を無視し続けている方は非常に多いのです。

そこで心配になるのが、財産などを奪われてしまう「差し押さえ」でしょう。

このサイトでは、差し押さえを回避する方法や、借金を合法的にガクンと減らす方法などをお伝えします。

なぜ差し押さえされてしまうの?

お金を借りたまま、債権者からの電話連絡も書面での連絡も無視し続けている場合、急に連絡が来なくなることがあります。

あれほど連絡が来ていたのに、急にこなくなった事で、借金の回収を諦めたと勘違いする方もいます。

債権者は、支払能力が見込めないものには融資を行ないませんが、取り立ては別物です。

状況が変わり、申込み時のような支払能力がなくなってしまった場合でも、返済義務は免れません。

申込み時の経済状況と変わってしまったとは言え、それは債務者の都合ですので、事情を債権者に訴えかけても返済義務はなくなりません。

債権者からみると、お金を貸した相手の都合は関係ありません。このままだと貸したお金が返ってこないと判断した時に行うのが、差し押さえなのどの「強制執行」です。

強制執行のこわさ

差し押さえで強制執行される怖さ

借りたお金を返済できないからと取立ての連絡を無視し続けると、債権者は強制執行を行なう為の手続きを始めます

強制執行の正式な許可を得てしまえば、給与や財産を差し押さえる事が出来てしまいます

差し押さえを回避するには?

返済も出来ないけど、差し押さえも困るという場合、債務整理を行う必要があります。

差し押さえが来る前に債務整理を行なう事により、債権者は差し押さえが出来なくなります

給与や財産を差し押さえられたくない場合は、頼れる法律の専門家に相談し、強制執行を免れるために、債務整理の手続きを行なう事をオススメします。

しかし、頼れる法律の専門家が近くにいない、そもそも選び方も分からない、という場合も多いかと思います。

そこで、専門家を選ぶポイントをお伝えします。

差し押さえに関する専門家とは?《選ぶポイントはコレ!》

差し押さえに関する専門家

法律の専門家を探す前に、差し押さえまでの流れを知っておく必要があります。

差し押さえ一歩手前の状態にある場合、そのままにしておいたら債権者に正式な強制執行の許可が下ってしまい、財産の差し押さえは免れる事が出来なくなってしまいます。

強制執行になるまでには、いくつかのステップがあります。

返済が遅れてすぐに差し押さえとなるのではなく、債務者の取立てに応じようとせず、法的手段を取らないことには返済が不可能と判断された場合に、債権者が裁判所に申立て、差し押さえの手続きを取る事が認められれば強制執行が可能となります。

強制執行を行なう為の手続きを完了させ、行使されてしまったら、強制執行を免れる事は不可能と言えます。

しかし強制執行の一歩手前であれば、強制執行を食い止める事が出来るのです。

じぶん一人で強制執行を回避するための手続きを行なおうと思ったら時間が掛かってしまい、手続きを行なっているうちに差し押さえとなってしまう可能性もあります。

そんなことにならないよう、まずは無料相談に乗ってくれる法律の専門家を探しましょう。

必ず無料相談を行う事!

法律の専門家選びですが、いきなり本契約をせずに、まずは無料相談を行ってください。

無料相談も、借金問題の解決方法である「債務整理」について詳しい弁護士に相談をする事をオススメします。

あらゆる判例や事例を知っている法律の専門家ならば、どんなに切羽詰まった状態でも、差し押さえの強制執行を回避するよう手続きを取ってくれて、回避のために多方面に働きかけてくれます。

差し押さえに関する無料相談について

差し押さえの無料相談

借金の返済が困難になって差し押さえられそうな時は、 無料相談を受け付けている弁護士事務所にご連絡してみてください。

お近くに弁護士事務所が無くても全国対応で相談できるところもあります。

家や土地が差し押さえられ、競売にかけられると、安価で処分されてしまい残債務も多くなってしまう事があります。

そのまま放置しておくと勝手に競売まで進んでしまいますので、お早めに専門家にご相談されることが大切です。

差し押さえをされると、家や土地を失ったうえ借金まで残りますが、債務整理をすると借金がゼロになる可能性があります。

個人再生という選択もある

債務整理というと、自己破産を想像しがちですが、自己破産以外にも借金を減らす方法はあります。

貸金業者からも借金を抱えてしまっているけど、住宅ローンだけの返済ならなんとかなるという場合などは、債務整理のうちの一つである「個人再生」という選択もあります。

個人再生なら、自己破産のように住宅を失わなくて済むことがあります。

個人再生を行うことで、借金の総額が原則5分の1までに減額されます。その借金を3年から5年で分割で返済していきます。

しかし裁判所を通す手続なので個人の方で手続きを進めるのは大変困難です。
あれこれ調べている間に住宅が差し押さえになってしまいかねません。

手遅れになる前に専門家にお任せされたほうがスムーズに確実に手続きを進められます。

住宅ローンも返済できないときは競売より高く売れることが多い「任意売却」という方法もあります。
高く売れた分残債務を圧縮することが出来て、毎月の返済も楽になります。

差し押さえQ&A

差し押さえ通知が届いた!どうしたらいい?
差し押さえ通知がきたらいつ差し押さえが施行されてもおかしくありません。
すぐに弁護士に相談して、債務整理をしましょう!差し押さえ通知が届いた場合や、給与・給料差し押さえ・銀行口座が差し押さえされてしまった場合、このままだと差し押さえが返済額までずっと続いてしまいます。
差し押さえを回避する方法はある?
  • 一括返済する
  • 債務整理をする

この2つの選択肢があげられます。

一括返済できる場合は一括返済する

こちらが1番早い解決方法。しかし、なかなか難しいのが現状です。

一括返済ができない場合は債務整理をする

債務整理にもいろいろな手段がありますが、差し押さえされてしまった後だと、個人再生または自己破産のどちらかになります。

※税金滞納による差し押さえの場合は債務整理をしても解決できません

自己破産

借金が帳消し=¥0になりますがマイホームなどを含めて財産に制限がかかります。

個人再生

マイホームを残すことが出来ますが、借金も残ります。(減額できます)

自己破産か個人再生か…債務整理の手段に迷ったら?
まずは、あなたに合った債務整理方法を知りましょう!

いくつかの質問に答えていくだけで、自分に最適な債務整理方法を教えてくれるシュミレータが存在します。
弁護士事務所に相談に行くわけではないので、軽い気持ちで調べてみることが可能です。

 

そもそも、差し押さえられるとどうなるの?

差し押さえられた家

差し押さえとは?

差し押さえや強制執行などの言葉は、具体的にはどのような状態かいまいちピンとこないかと思いますが、国家権力等を行使し、強制的に個人の財産を取り上げてしまうことです。

差し押さえされるケース

普通に生活をしていれば、まずこのような事態に陥ることはありません。

  • 国や市町村へ税金を滞納
  • 借金やローンの滞納

など、支払わなければいけない期間に支払いが行われなかった場合、強制的に財産を取り上げられ債権回収の手続きが行われます。

差し押さえは必ず裁判所を通して行われる

車を購入し、後日代金を支払うと約束しておきながら支払いが無い場合、支払われないからといって売った側が、強引に車を回収してしまっては「窃盗」、すなわち犯罪行為になってしまうので、ここは裁判所へ許可を出してもらう必要があるのです。

差し押さえの流れ

仮差し押さえ命令

差し押さえ前に「仮差し押さえ命令」が裁判所から出されます。
財務者が勝手に財産を隠したり処分できないようになります。
仮差し押さえと差し押さえの違いについてはこちら。

それから「差し押さえ」を行います。

差押予告通知書が届いた場合の対処法について

差し押さえ予告通知書

差し押さえ予告通知書とは?

税金・借金・ローンなどの滞納による差押予告通知書が届いた場合、かなり真剣に向き合わなければなりません。

納税や返済についての不備があると、

  1. 促状等の納税勧告
  2. 差押予告通知書

が届きます。

「差押予告通知書」とは文字通り「払わないのであればあなたの財産を差し押さえします」という通知書である。

差し押さえ通知書が届くまでの流れ
通常、差し押さえ通知書が届くまでには、

  1. 納付督励
  2. 最終催告
  3. 督促状の発行

といった過程を踏む。差押通知書の後には「財産を差押えされる」しかない。

差押えの対象

給料・給与

勤務している会社にも連絡がいき、給料(給与)の差し押さえもされる。
給料差し押さえについて

銀行口座

銀行口座の差し押さえについて

不動産

家・マンションなどの不動産差し押さえについて

車の差し押さえについて

自宅にある競売可能な物
(テレビや貴金属、その他価値のある物)

まで全ての分野に及びます。

では、差し押さえられてしまった物達はその後どうなるのでしょうか?

不動産などの土地・家屋など

差し押さえられた土地や家屋

「不動産強制競売」へかけられ、売却によりできた金銭で債権を支払うわけですが、実は支払先の順番も決まっているのです。

  1. 国税、地方税等の税金関係
  2. 先取特権等の担保付きの債権
  3. その他の債権

といった具合で、先に押さえたからといって優先的に金銭の配当がされるわけではありません。

土地以外の差し押さえ品

一時期テレビなどで大きく報道された事で注目された「官公庁オークション」などで販売され、収益で配当がなされます。

差し押さえを回避する方法

差押えを回避するには、

納税・返済出来る場合

納税または返済の意思があることを伝え、支払の期間や方法を相談すること。その後は約束通りしっかりと支払いをすれば、差し押さえになることはありません。

納税・返済出来ない場合

支払いが不可能な場合は、債務整理をしましょう。
債務整理について

差し押さえ通知について

借金の滞納を放置すると裁判所から差し押さえ通知が届く場合があります。

「差し押さえ」と聞くと執行官が家までやってきて物品を差し押さえ、持って行ってしまうというイメージが在りますが、実際は一番多いのは給料の差し押さえです。勿論給料をすべて差し押さえてしまうと生活が出来なくなりますから、全額ということはありません。差し押さえが可能なのは、給料の総支給額から所得税、住民税、社会保険料を引いた額の4分の1までとなります。

債務者側からすると、差し押さえが確定すると裁判所から勤務先に差し押さえ命令が送達され、その段階で差し押さえの事が勤務先に知られることとなってしまいます。直接勤務先から差し押さえ分の額を送金されますので、勤務先に事務的な手続きの負担もかけてしまいます。債務者にとっても勤務先の会社にとっても望ましいこととはいえません。

差し押さえは債務者にとって最悪の自体と言えます。非常に厳しい法的手続きを経て執行されるものですから回避することは非常に難しいのです。打てる手はほとんどありませんので、差し押さえ執行後の事を前向きに考える事くらいしかないのです。差し押さえ後の事は一人で悩んでも解決しません。不安が募るばかりですので、専門家である弁護士に相談するのがベストと言えます。

債務整理の手段に迷ったら?

まずは、あなたに合った債務整理方法を知りましょう!

  •  弁護士事務所の選び方
  • 豊富な経験と確かな実績
  • 経験

いろいろな知識があるからこそ最善策を見つけてくれるのです。
それを裏付けるのが実績。HPなどで実例を出している事務所がオススメです。

費用と支払い方法の明確化

借金問題の解決を実際に依頼するといくらかかるか?教えてもらいましょう。

  • 総合費用
  • 支払い方法

分割払いや後払い、などといった支払い方法もしっかりと確認しましょう。

これらを無料相談時にしっかりと明確化することが大切です。

債務整理をすると決めたら…

債務整理を検討するなら、無料で相談に乗ってくれる事務所があるので、まずはすぐにご相談を。

 

専門家に話してみることのメリット

自分のケースで考えてもらえる

債務整理は人それぞれ状況が違うので、自分のケースではどんな解決方法があるか?ということが聞けるので、ネットなどで見るより具体的に知れます。

雰囲気や人柄がわかる

会ってみて、話しやすいか?信頼して相談できそうか?を見極めることができます。

しかし、日本の弁護士の数は、2015年の段階で36,415人にも登ります。
この数の弁護士にすべて合うのは不可能です。

そこで、オススメなのは、以上の条件に満たした、安心・信頼のおける事務所を無料で厳選してくれる「シュミレータ」です。

 

え、無料なの!?匿名で出来るシュミレータが便利すぎる!

差し押さえを回避して喜ぶ女性

 

「借金がふくらんで、どうにもできない!」
「この先、どうしていいのか分からない!」

あなたも、差し押さえに怯えるほど借金に困っているのなら、
3つの質問に答えるだけの『借金解決診断シミュレーター』を試してみませんか?

 

現在のあなたの状況を確認し、
どれだけ借金が減るかが無料で分かるんです!

人に知られたくないと思っていても大丈夫。
相談は無料のうえ、実名や住所も必要ないので安心です。

 

あなたも、昔の私と同じように差し押さえに怯え、
たった一人で悩みを抱え込んでいるなら
まずは、誰にもバレないココで相談してみるのがおすすめです。


≫街角相談所-法律-無料シュミレーター