差し押さえが怖かったけど借金は減額できるんですね 借金解決診断シミュレーターで無料診断してみてください 詳細 匿名の無料診断はこちら

仮差し押さえと差し押さえの違いは?

仮差押えと差し押さえ

差し押さえについて

お金のことで困っていると、差し押さえを食らってしまうケースもあるかと思います。
自分が持っている大切な財産を持っていかれてしまうわけですから、正直困ります。
ただ、差し押さえをする前に仮差押という行為を行う場合があります。
これは普通の差し押さえとは一体何が違うのでしょうか?

仮差し押さえと差し押さえの違い

実は差し押さえをいざしようと思っても、もしかしたら差し押さえができる財産を何も持っていないというケースが考えられます。
これでは、せっかく裁判に勝っても意味がないということになってしまいます。
ですから、多くの場合は裁判を起こす前の段階で仮差押という形で、その人がきちんと財産を所持しているか?を調べるわけです。
また、裁判を行っている途中で財産を他人に譲ったりするということも考えられます。
こういった場合も差し押さえができなくなってしまいますから、
それを防ぐためにも事前に先手を打って他人への譲渡をさせない策をとるという意味もあります。

仮差し押さえについて

この前段階で行われる一種の調査を仮差押と呼ぶということになります。
差し押さえを確実に実現するための準備のようなものかもしれません。
差し押さえと仮差押の違いについてはやや細かいですから、是非詳しく知っておきましょう。

仮差押えの簡単な知識について

民事訴訟が発生します。しかし民事訴訟は時間がかかります。その時間を悪用して訴えられた側は財産などを隠したり処分したりしてしまうことが考えられます。先手を取って物件の名義変更などをされてしまえば、結果的に訴訟に勝っても、いざ強制執行の時に相手の財産は何もなかったということになります。このようなリスクを防ぐのが保全処分です。

訴訟が終わるまで相手の財産の現状維持を図り、切迫した危険や損害を避けることができます。保全処分には、仮差押えと仮処分があります。

しかし保全処分はいつまでも認められません。「保全されるべき権利の存在」と「保全の必要性がある時」に認められます。

仮差押えが必要な場合とは、1.債務者は不動産などの資産を有しているが、隠匿の懸念がある 2.資産は無くても給与収入がある場合 3.預金や商品を差し押さえて相手に打撃を与える場合などです。

手続きの流れは原告が裁判所に「保全命令の申立て」をします。被告からは「意義の申立てあるいは取り消しの申立て」が出ます。裁判所に担保を供託して「保全命令が決定」したら執行官に執行の委任をします。保全処分の執行の実際の手続きは執行官が行います。執行には債務者も立ち会う方がいいでしょう。

差し押さえに怯えなくても大丈夫!その借金、ゼロになるかも!?

差し押さえはまだ届いていないけれど、借金でいつ届くか分からない…。

大丈夫!差し押さえに怯えなくても、借金を整理する方法があるんです。

お金が返ってくる場合もある!

借りていたお金を高金利で返済していた場合、
実はお金を払い過ぎていた可能性があります。

お金を払い過ぎていたなら、
過払金の返還請求をすることだってできるんです。

え、無料なの!?匿名で出来るシュミレータが便利すぎる!

差し押さえを回避して喜ぶ女性

「借金が返せない…家や給料が差し押さえされるかもしれない…」
「この先、どうしていいのか分からない!」

あなたも、差し押さえに怯えるほど借金に困っているのなら、
3つの質問に答えるだけの『借金解決診断シミュレーター』を試してみませんか?


現在のあなたの状況を確認し、
どれだけ借金が減るかが無料で分かるんです!

人に知られたくないと思っていても大丈夫。
相談は無料のうえ、名前や住所も必要ないので安心です。


あなたも、昔の私と同じように差し押さえに怯え、
たった一人で悩みを抱え込んでいるなら
まずは、誰にもバレないココで相談してみるのがおすすめです。

≫街角相談所-法律-無料シュミレーター