差し押さえの強制執行

差し押さえが強制執行されてしまったら…|差し押さえ解除方法

原告が、裁判所の判決で勝訴した場合、敗訴した被告がおとなしく裁判所の提示した金額などを支払わないケースが発生したとします。

このような事が発生したケースにおいて、国家権力の強制力を使用して被告から金銭などを強制的に奪い取る行動を強制執行と呼んでいます。

強制執行には、物品を販売してもお金が振り込まれないケースや、逆にお金を振り込んでも物が手に入らない場合などが考えられます。また、自分の土地に勝手に物品などが置かれた場合などは、強制執行によって排除する事ができます。

強制執行と言っても、勝手に債権者が債務者の敷地に入って強制的に取り上げるわけではありません。秩序ある法治国家の日本国としては、強制執行を実施するにあたり、裁判所などの手続きが必要になります。

強制執行を実施するにあたり、裁判所の許可が必要な対象事案は、不動産や債権などです。

家屋の内部にある家具などの動産は、執行官へ申立て、執行官による差し押さえになります。

強制執行を実施するには、債権が存在する事を証明する債務名義、現在執行できる旨を公に証明する執行文、債務者に債務名義を送達する送達証明の執行に必要な3点セットを準備する必要があります。

差し押さえに怯えなくても大丈夫!その借金、ゼロになるかも!?

差し押さえはまだ届いていないけれど、借金でいつ届くか分からない…。

大丈夫!差し押さえに怯えなくても、借金を整理する方法があるんです。

お金が返ってくる場合もある!

借りていたお金を高金利で返済していた場合、
実はお金を払い過ぎていた可能性があります。

お金を払い過ぎていたなら、
過払金の返還請求をすることだってできるんです。

え、無料なの!?匿名で出来るシュミレータが便利すぎる!

差し押さえを回避して喜ぶ女性

「借金が返せない…家や給料が差し押さえされるかもしれない…」
「この先、どうしていいのか分からない!」

あなたも、差し押さえに怯えるほど借金に困っているのなら、
3つの質問に答えるだけの『借金解決診断シミュレーター』を試してみませんか?


現在のあなたの状況を確認し、
どれだけ借金が減るかが無料で分かるんです!

人に知られたくないと思っていても大丈夫。
相談は無料のうえ、名前や住所も必要ないので安心です。


あなたも、昔の私と同じように差し押さえに怯え、
たった一人で悩みを抱え込んでいるなら
まずは、誰にもバレないココで相談してみるのがおすすめです。

≫街角相談所-法律-無料シュミレーター