差し押さえ督促状が届いたら…|差し押さえ解除方法ってあるの?

差し押さえ 督促状

差し押さえ督促状とは?

差し押さえの督促状が届くケースは色々とありますが、近年話題になっているのは、「国民年金滞納による督促状」でしょう。簡単に言えば、年金の納付を13ヶ月以上滞納している人には、財産差し押さえの督促状が送付される場合があります。

差し押さえ予告

国民年金の督促状というのは、最初は支払勧告を促すものになりますが、回を増すごとに督促の通知内容が厳しくなっていき、最終的には「差押予告」の通知書が届きます。これが送付された段階というのは、度重なる督促に応じず、窓口にも出向かなかった場合、強制的に財産調査をし、差し押さえることを目的としたものになります。これでも窓口に出向かなければ、口座や財産を差し押さえられます。

こうしたことを避けるにはどうしたら良いのでしょうか。

 

差し押さえの解除方法

最も良い対処法としては、督促状が来た段階で年金事務所に行き、銀行口座から毎月、年金の引き落としをしてもらうように申請することです。これだけで督促は行われなくなります。年金の取りっぱぐれがないので、この手続をすると、毎月年金を引き落とされますが、督促状は送付されないので、早い段階で手続きをしておくと、後々、楽になります。窓口に行って手続きをするだけですから、他の税金とは違って格段に楽に済みますので、13ヶ月以上未納が続いている方は窓口に行ってみましょう。

差し押さえの督促状が来た場合の対処法について

支払いが滞り、再三にわたる督促を放置していた場合は財産の差し押さえを受けることになります。
いきなり財産が差し押さえられるわけではなく、支払勧告から始まります。
それを放置しているとだんだん督促内容が厳しいものになっていきます。
そして最終的に差押予告の通知が送られてきます。

差し押さえの督促状が送られてきた場合はどうしたら良いのでしょうか。
何に対しての督促かというのも重要になります。
またその督促状が誰から来ているかというのも重要です。

もし裁判所から送られているものは絶対に無視しないでください。
裁判所からの督促を無視すると強制執行を受ける状況に追い込まれてしまいます。

もし国民年金や国民健康保険等の年金保険料金の督促であれば、すぐさま役所の窓口へ行き、今後の支払いに対して相談を行ってください。
例えば滞納している金額を分割して支払うであるとか、銀行からの引き落としにしてもらうとかです。

一番良いのは相手方と直接やり取りをして支払いの意思と今後の支払い方法を示すことですがそうもいかないケースもあります。
そういう場合には専門家である弁護士へ相談をしたほうが賢明でしょう。
弁護士を選ぶ際のポイントはホームページでその弁護士の実績を確認することです。
そして依頼したい弁護士が見つかったら事前にその件に関する費用がどれくらいかかるのかをきっちり確認しましょう。

差し押さえに怯えなくても大丈夫!その借金、ゼロになるかも!?

差し押さえはまだ届いていないけれど、借金でいつ届くか分からない…。

大丈夫!差し押さえに怯えなくても、借金を整理する方法があるんです。

お金が返ってくる場合もある!

借りていたお金を高金利で返済していた場合、
実はお金を払い過ぎていた可能性があります。

お金を払い過ぎていたなら、
過払金の返還請求をすることだってできるんです。

え、無料なの!?匿名で出来るシュミレータが便利すぎる!

差し押さえを回避して喜ぶ女性

「借金が返せない…家や給料が差し押さえされるかもしれない…」
「この先、どうしていいのか分からない!」

あなたも、差し押さえに怯えるほど借金に困っているのなら、
3つの質問に答えるだけの『借金解決診断シミュレーター』を試してみませんか?


現在のあなたの状況を確認し、
どれだけ借金が減るかが無料で分かるんです!

人に知られたくないと思っていても大丈夫。
相談は無料のうえ、名前や住所も必要ないので安心です。


あなたも、昔の私と同じように差し押さえに怯え、
たった一人で悩みを抱え込んでいるなら
まずは、誰にもバレないココで相談してみるのがおすすめです。

≫街角相談所-法律-無料シュミレーター