銀行預金の差し押さえ

銀行預金が差し押さえされてしまったら…|差し押さえ解除方法

差し押さえにも、いくつかの種類があることをご存知でしょうか。あまり考えたくないことかもしれませんが、もし差し押さえされそうになった時の対処法として、知っておくと後々役に立つはずです。そこで、その差し押さえの中でもケースの多い預金の差し押さえについて知っておけば、役に立つこともあるかもしれません。

もし預金が差し押さえされてしまった場合、どうすればよいのでしょうか。まず、預金の差し押さえには、いきなり預金が引き出されるケースと、ある程度の期間をおいてからのケースがあります。つまり、支払いの猶予があるかどうか、ということになるのです。期間がある程度ある場合は、その期間内に支払うことができれば大丈夫です。

預金がいきなり引き出されるケースになった時は、正直いってかなり厳しい状況であるといえるでしょう。たとえ命にかかわる問題であったとしても、そこから処分が取り消されるようなことはあまり無いためです。なので、まずは生活の出来る環境、兄弟などを頼ることによって、生活することを考えておきましょう。

預金の差し押さえというのは、生活に直接影響してくるものです。特に命にかかわるような場合であったとしても、差し押さえは待ってはくれません。このような状況にならないようすることが一番ですが、なってしまった時には、生活の出来る環境から整えていきましょう。

銀行口座や預金が差し押さえられるケースについて

銀行口座を差し押さえられると、差し押さえた側が有している債権分の預金を強制的に徴収されてしまいます。債権額分の回収なので全額が引き出されてしまうということもよくあります。

ただ、差し押さえられるのは銀行口座からの払い戻し請求権です。銀行は差し押さえの通知を受けると、差し押さえられた払い戻し請求権の分だけ別口の口座に移し、そこから差し押さえた相手に支払を行います。よって、元の銀行口座には問題なく入金できますし、出金も行えます。

しかし、注意しなければいけないのは、銀行口座自体が解約されてしまうケースがあるということです。差し押さえられた請求権が、差し押さえ時の預金残高に加えて差し押さえ時までの利息まで含まれていた場合、銀行はその口座を解約してしまいます。これは、金融機関はその時点までの利息を支払うには口座を解約しなければならないからです。こうなると口座は解約され消滅するので、出金も入金も不可能になってしまいます。

こうした事態に陥らないためにも、裁判所から支払督促の通知や差し押さえ予告は絶対に見落とさないようにしましょう。差し押さえを行うにもそれなりの費用がかかるため、支払う意思を見せれば債権者側も話し合いに応じてくれる可能性は高いです。

 

差し押さえがまだ届いていないなら大丈夫!その借金、ゼロになるかも!?

差し押さえはまだ届いていないけれど、借金でいつ届くか分からない…。

大丈夫!差し押さえに怯えなくても、借金を整理する方法があるんです。

借金の整理方法としては、

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 民事再生
  • 自己破産

の4つの方法があります。

 

お金が返ってくる場合もある!

借りていたお金を高金利で返済していた場合、
実はお金を払い過ぎていた可能性があります。

 

お金を払い過ぎていたなら、
過払金の返還請求をすることができるんです。

 

え、無料なの!?借金の悩みを相談できる法律事務所が便利すぎる!

差し押さえの借金がゼロになって喜ぶ女性

「借金が返せない…差し押さえされるかもしれない…」

「この先、どうしていいのか分からない!」

あなたも、差し押さえを意識するほど借金に困っているのなら、
相談0円、24時間365日受付の
『メール無料相談』を試してみませんか?

 

現在のあなたの状況を確認し、
どれだけ借金が減るかが無料で分かるんです!

人に知られたくないと思っていても大丈夫。
相談は無料のうえ、全国対応・秘密厳守なので安心です。

 

あなたも、差し押さえに怯えるほど借金で苦しみ、
たった一人で悩みを抱え込んでいるなら
まずは、誰にもバレないココで相談してみるのがおすすめです。

弁護士法人サルート WEB 相談申込